茶道

"単に抹茶を飲んで楽しむだけでなく、他に多様な文化が加わって発展を遂げました。

茶道では、このような精神に則って、お茶を点てることを大切にしているのです。

また、茶道では「一期一会」という言葉があり、これには“人との出会いを一生に一度のものと考え、相手に対して最善を尽くす”という意味合いがあります。

これは「わびしい」「さびしい」という満たされない状態を認め、慎み深く行動することを意味します。

「茶道」とは伝統的な様式に則って客人に茶を振舞う行為で、別名「茶の湯」ともいいます。

その上、茶道は禅宗と深く関わり「侘び・寂び」という精神文化を生み出しました。

茶道においては、この「侘び・寂び」の精神を大切にし、茶室という静かな空間で茶を点てる事に集中する事で心を落ち着かせ、それによって自分自分を再検討、精神を高めるというものです。

つまり、これは茶室や庭などホームに関連する空間、茶道具を選んだり鑑賞したりする工芸、他にもお茶会に出てくる会席料理や和菓子などの食、客人を気持ちよくもてなすための点前作法などが融合した、いわば“総合芸術”です。"


茶道具 買取

name
email
url
comment